きものデートの基礎知識【着物レンタルのショップに連絡】

幅広い活用が可能

半纏

個人的な目的にも使える

半纏を普段着として日常的に身につけている人は限られているでしょうが、お祭りやイベントなどの特別なシーンでは今でもよく着用されています。特にお祭りでは参加する人たちがお揃いの祭り半纏に身を包む事で、祭りの雰囲気を大きく盛り上げることに寄与しています。また敢えて町内や神輿会毎に異なる半纏を作って、他集団との差別化を図ったり、同じ集団の仲間意識を高める効果も発揮します。最近では地域外に働きに出る人も多い事から地域社会との関連性が薄れがちですが、同じ半纏に袖を通す事で地域住民としての自覚を新たにする目的としても活用されています。またお祭り以外でも商店街や大手デパート、そして家電量販店などのセールには昔から半纏がつきものです。半纏は洋服と違って、ある程度ルーズなサイズ設定になっています。標準体型内に収まっていれば男女年齢にかかわらず同じものが着用できるので、スタッフ個人のサイズを聞き取る必要性が少なく、揃える数が多い場合にも重宝します。さらに背中や襟に大きく社名や広告などをプリントすることが出来て、広告媒体としても効果的です。最近ではこうした今まで定番だったお祭り用や販売店向けの半纏以外でも、学校行事や自治体でのイベント、さらには個人利用目的のオリジナルの半纏を作成する人も大勢います。ネット通販の拡大によって個人利用客が増えたこともあり、1着からオリジナルプリントをしてくれる業者も多いです。プリントだけでなく生地の種類なども選べるので、好みの1着を作成できるメリットがあります。誕生日プレゼントなど、贈り物として半纏を作成する人もいるように、その活用の幅は今も広がっています。

Copyright© 2018 きものデートの基礎知識【着物レンタルのショップに連絡】 All Rights Reserved.